welcome! 1upVOICESスタッフの声

  • 佳山 結子部署:デザイン部 部長

    私が感じた1up
    入社して6年目になりますが当時の1upは、結構皆が個人個人で仕事をする環境で、コミュニケーションもそこまで多くなかったです。しかし、現在は大幅な改革が進んで、皆が一緒に進み、全員が思った事、感じた事をすぐに言える環境に変わったと身にしみて思います。

    「やりたい」と手を挙げた人に
    チャンスがどんどん転がってくる環境

    1upは新人であっても、チャレンジができる環境が整っています。
    私はありがたいことに、部長の役職にいますが、これも挑戦できる場があったからこそだと感じています。もともとは人の上に立てる様な人間ではなかったんです。ですが、1upの環境が自分自身の価値観を良い方向に変えてくれました。
    特にコミュニケーション能力や感謝の気持ちを持てる様になったのが、成長したなと実感しています。デザイン部ではありがとうの気持ちを絶やさずに、日々デザインのセンスを磨いていますので、1upにちょっとでも興味が湧いたと感じてるならば是非とも一緒に成長していきましょう。

  • 林 亮輔部署:テレフォンオペレーター

    私が感じた1up
    前職がアパレル関係で、IT業界は初めてだったんです。
    そんな自分にも教えてくれる人たちがたくさんいる環境でした。
    あと、何よりコミュニケーション能力がずば抜けている人が集まってるんです。
    僕自身、前は接客をしていたので自信はあったんですが、上には上がいるんだなと身にしみました(笑

    チャレンジの打席に何度も立って
    組織と自身を成長させていきます

    僕の部署はお客様とのやり取りなどが多いので、伝え方であったり対応力などは日々レベルアップできます。前職はフランクに話す対応が多かったんですが、ここでは逆の丁寧な言葉使いであったり、お客様一人一人に向けた対応の切り替えなどを身につけていってる途中ですね。
    僕は新人なんですけど、新人だからこそ挑戦できる環境ってあると思うんです。
    あくまでも持論ですが、失敗してもチャンスを何回も与えてもらえる立ち位置なのかなと思っています。
    もちろん、失敗しても救ってくれるチームがあるからこそですけど。
    これからは、先輩達の技を見て学び、実践し、フランクな言葉使いと丁寧な言葉使いを兼ね備えた二刀流の人間になる為に一歩一歩上がっていきます。

  • 田中 健一部署:経理

    私が感じた1up
    1upに入って、一番の驚きは、皆さんの元気さでした。
    年齢を聞いても、嘘かと思うくらい見た目以上に若いんですよ。
    部署関係なくイベント事や、食事にも気軽に誘ってくださるので、すごく感謝しています。おかげでモチベーションのUPにも繋がりましたし。

    会社の中核となる場所で、皆をサポート会社の中核となる場所で、
    皆をサポート

    皆が円滑に仕事を進める為には、土台がきちんとしないといけないと考えています。
    僕が身を置いてる部署は土台となる部分なので、なおさら気を張って業務に取り組んでいますね。
    しかし、入社して1年ほどなので、まだまだ学ばなければいけないことは数多く、何をしたら皆のサポートになるのかを顕在的に模索しています。これからの個人目標は物事全てに先手をうち、土台としての力を身につけていきたい。